スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ

実際にできること、できないこと、
評論家きどりで、好き勝手に書いてしまいました。
申し訳ありません。
でも今は、個人でも簡単に情報を発信できる時代です。
1競馬ファンの意見としてみて下さい。
関係されている方に、不快感などあたえてましたら
御叱りの旨、ご一報下さい。

わたしもボランティア的な気持ちはありませんし、
あくまで自分の利益になるだろうことに対して
行動しています。
福山競馬が好きで、好きなもので利益が得られれば、
と思いはじめた投資競馬。
でも、福山競馬そのものが危ないと感じます。
競馬場でも見かけるのは、高齢化した常連さん。
あきらかに、意図した方向へは進んでいないように思えます。

街に競馬場があることを自慢できるように、
またそれが利益をもたらすように。
それが福山の発展につながると思います。


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

認知度をあげる

②認知度をあげる
  ①で書いたようにターゲットは、全国の主婦なので、
  当然認知度をあげなくてはいけません。
  そのため、まず福山を知ってもらわないといけないでしょう。
  
  バラの街といっているのは、福山人だけで
  「ばらといえば・・・」という質問に対して「福山」、
  と答える人が全国で何人いるでしょう。
  「鞆の浦」にしても、知っているのは旅行マニア、名所マニア
  ぐらいだと思います。
  8月6日を、何の日か知らない若者がいる時代です。
  しかし、この若者達によって情報は発信され知名度は広がります。

  広げるにはどうしたらいいか。
  前から思っていたのですが、福山のバラ祭り、
  どうしてゴールデンウィークにしないのでしょう。
  この時点で、全国放送の宣伝を放棄している。
  ほかの有名な祭りごとにのっかって、発信されるかもしれない
  チャンスを捨てています。

  また、旬をすぎたタレントにばらばら金を使わず、
  福山雅治だけに金をつぎ込み、名前が同じということで
  福山雅治の街として契約してはどうでしょう。
  市として応援をお願いしてみては。
  幾らかかるのかは知らないけど。
  バラ祭りのテーマ曲も作ってもらうとか。
  (一般公募したした意味がわからん)
  断られても繰り返しお願いすれば、そのうちラジオとか
  テレビでなんかしら情報を発信すると思うのだけど。

  とにかく中途半端がいちばんまずい。
  やらないなら、徹底してやらない。やるなら徹底してやる。
  その点で言うと福山競馬のホームページ(HP)は中途半端、
  「名前をつけられる冠レース」も中途半端。
  やっているのやら、いないのやら。情報発信するポイントがない。
  
  HPに関しては反対に、どこにあるのかわからない隠れたものにして、
  闇サイトみたいに「簡単にはアクセスできない隠れサイト」というふうに
  すれば反対の意味で注目を得られるし、  
  「名前をつけられる冠レース」も、もっとメジャーな人につけてもらうように
  交渉してはどうでしょう。
  例えば、明石家さんま とか 木梨則武。(ももこ、では役不足)
  たとえ断られたとしても「○○にお願いしたけど断られた杯」とすれば、
  断られるたびに、第2回、第3回・・・とシリーズ化することもできる。

  以上、知名度をあげることだけを考えれば、
  まだまだ知恵は出せると思います。


テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ターゲットをはっきり決める

①ターゲットをはっきり決める
  これが一番大事なことで、あとの戦略にも
  おおきくかかわってきます。
  
  今は、競馬に興味のない人を競馬に興味を
  持たせようと、やっきになっているようで
  ピントがずれているのではないでしょうか。

  競馬といえば、パチンコ、競艇、競輪と連想されるように、
  ギャンブル色が強いです。でも、そもそもギャンブルとは何か。
  確実性のないものを選択して、勝ち負けを競うものです。
  その意味からいえば、株もFXも宝くじもギャンブルです。
  ある意味、就職でさえギャンブルでしょう。
  しかし、世間はそう認識していません。

  ギャンブルといわれるものと、そうでないものの一番の違いは
  収支をはっきりさせているか、いないかです。
  ギャンブルで収支をしっかりつけている人など、ほとんどいないでしょう。
  それに対して株やFX等、資産運用とされるものは収支がはっきりしています。
  収支をつければ、競馬をやっている人の、8割は損をしていると思います。
   (ちなみに私は去年、一昨年とプラスです、一年を通してですけど。
    こうなるとちょっとした資産運用となります。)

  以前書きましたが確立では、はるかに低いロト6。
  なぜこんな、わりにあわないものが一回、40数億売れるのか。
  みんなひょっとしたら・・・という夢を買っているのでしょうね。

  なにをいおうとしているのか、自分でもわからなくなってきましたが、
  要は儲かれば金を使うという人間は、まだたくさんいるということです。
  ここにターゲットを変えればいいのでは。
  つまり、ファミリー層ではなく金儲けを趣味にしているやつら、
  ズバリ、主婦層をねらう。

  過去、中央競馬が流行ったときは競馬に興味を持った人が増えたのではなく、
  武豊に興味をもったのです。
  高知競馬にひとが押し寄せたのは、地方競馬に興味を持った人ではなく
  「はるうらら」に興味があったのです。
  競馬自体に面白みを持たそうとせず、競馬の持つ別の面で勝負しては。
  福山の競馬老人ではなく、日本全国の主婦をターゲットに投資種目として。


テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

福山競馬再生計画

福山競馬を再生、というより今後も存続させる為には
何をすればいいのか。
税金を使って運営しているのだから、真剣に考える必要があります。
わたしなりに知恵をしぼってみます。

現状は多分、家族層(ファミリー)を狙おうとしているようですが、
いまいち結果を出せていないように思えます。
競馬場、場外馬券売り場とも家族ずれを見かけることは、少ないです。
 ①ターゲットをはっきり決める

次に、存在自体が世間に知られていないように思えます。
そもそも福山市が広島県であることも、あまり知られていないように
思えますが、福山人はわかっているのでしょうか。
多分、尾道のほうが有名だろうし、高知競馬のほうが認知度はあると思います。
 ②認知度をあげる

競馬のイメージは、競馬場にいって馬券を買い、一喜一憂するギャンブル。
まず、このイメージから脱却させねば。
今はインターネットを使えば、全国の人を客にできるのだから。
 ③競馬のイメージを変える

以上のことについて、私なりの意見を書いていきます。


テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

piyoco虫

Author:piyoco虫
競馬暦16年
級があれば2級?
黒帯までは、まだ遠い

sunsic.png

カテゴリ
無料レポートの紹介
情報
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

広島ブログ
FC2カウンター
広告
Amazon
リンク
小金もち
ADgger
レストランウェディングを大通りで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。